21歳以上のバイク保険

バイクの運転というのは自動車と比べて非常に危険が多く、事故率というのも高くなっています。
それだけに、やはりバイクを運転するなら自賠責保険だけでなく任意のバイク保険にも加入しておきたいところですよね。
バイクを運転する方には若い人が多いかと思いますが、その年齢というのもバイク保険には大きく関わってきます。
例えば21歳以上か未満かによっても保険料が変わってくるのです。
というのもバイク保険には運転者の年齢条件の特約というものがあります。
特約を付けなければ全年齢ということになり、どの年齢の方が事故を起こしたとしても補償の対象となります。
ただし前年齢の場合は保険料の割引がなく割高になります。
21歳の方であれば、21歳以上という年齢条件を特約として付帯されることができます。
そうすると前年齢で契約する場合と比較して保険料が安くなるのです。
もちろんこの特約を付帯させると21歳未満の方がそのバイクに乗って事故を起こした場合はバイク保険の対象外となり補償されません。
年齢条件は21歳の他に26歳以上、30歳以上という区分があり、年齢が高くなるにつれて割引率も大きくなります。
21歳から25歳までの方なら21歳以上の特約を付帯させましょう。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: バイク保険 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク