バイク保険の携行品特約とは

バイクに乗られる方の場合だと、やはり事故率の高いバイクですからバイク保険に加入しているという方も多いかと思います。
万が一の事故に備えて加入しておきたいバイク保険ですが、通常の保険の補償内容に加えて特約を追加するということもできますね。
例えば携行品特約というのもバイク保険に追加することができる特約の一つでしょう。
携行品特約というのは正式には携行品補償特約といい、
バイクに乗っていて事故を起こしてしまった場合に、携行している身の回り品に生じた損害に対して補償をしてもらえるという特約です。
例えばバイクに乗っている時にデジタルカメラを持っていたとします。
なんらかの事故を起こしてしまい、そのデジタルカメラが壊れてしまったという場合に携行品特約があればその損害を補償してくれるというわけです。
例えばチューリッヒのバイク保険でこの特約を追加した場合、
補償されない範囲としては自宅の敷地内で起きた事故、置き忘れや紛失の場合、自身や噴火、津波といった自然災害によって生じた損害があります。
そして補償の対象外となる携行品として現金、あるいは株券などの有価証券、宝石や美術品、設計書や図案、帳簿、記録メディアに記録されているプログラムやデータなどがあります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: バイク保険 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク