バイク保険の全年齢担保について

自動車の場合、任意の自動車保険に加入する方というのは多いのですが、
バイクの場合だと任意のバイク保険に加入している割合というのはぐっと低くなってしまいます。
それだけバイク保険の保険料が高いと感じている人が多いということでしょうね。
しかしやはり万が一の事故の事を考えると自賠責保険だけでなく任意の保険にも加入しておきたいところです。
バイク保険の保険料は高いということですが、例えば年齢条件次第で安くすることもできます。
もしそのバイクに乗る人が20歳以下の場合、全年齢担保にする必要があるので保険料は高くなります。
全年齢担保というのは全ての年齢の運転者が補償されるという意味になります。
保険料を安くするためには全年齢担保ではなく年齢条件を付けることです。
例えば21歳未満の方が運転する可能性のないバイクであれば21歳未満不担保とすることでその分保険料が安くなります。
さらに年齢条件を上げて26歳未満不担保や30歳未満不担保などとすることでさらに保険料は安くなります。
そういった年齢の方が運転する可能性がないならこのように年齢条件を指定しておいた方がお得ということですね。
ただもしそういった方が運転して事故をしてしまった場合には補償されないので注意が必要です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: バイク保険 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク