バイク保険が満期過ぎた場合

バイク保険というのは基本的に一年ごとの契約という形になっていますよね。
ですから契約をした日から一年後には満期日がやってきて、そこで継続するのかしないのかを決めることとなります。
ただ、継続するにしてもきちんと手続きをしないと、うっかり忘れていて満期過ぎたなんていうこともあるかもしれません。
バイク保険が満期過ぎた場合、当然のことながらまず保険が効かなくなりますよね。
満期日から一日でも過ぎてしまうとその時点でもうそれまでの保険はなかったことになっていますから、
事故を起こしてもなんの補償も対応もしてくれない、ロードサービスなんかもなし、ということになります。
これは当然ですよね。
そして重要なのはバイク保険の満期過ぎたら等級もリセットされてしまうということです。
バイク保険の等級は毎年一つづつ上がっていき、保険料の割引に大きく関係してくるわけですが、
満期を過ぎて一週間が経過するとそれまで積み上げてきた等級がリセットされてしまいます。
等級を維持するためにはバイク保険を継続するか、他の保険会社で新たな保険に加入するかしなくてはいけません。
もしバイクを処分したなどという場合であれば中断証明を発行してもらい等級を継続することも可能です。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: バイク保険 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク